ドイツ TIRE TECHNOLOGY CONFERENCE&EXPOに参加

2024年3月19-21日ドイツのHANNOVERのMESSE会場で開催された、EUではNo.1のタイヤ関係の材料、機械の会議と展示会 TIRE TECHNOLOGY CONFERENCE & EXPO 2024に参加してきました。 当社も、現地でいろいろな商談をしてきました。当社が代理店を

続きを読む

世界へ直撃インタビュー④/ベトナム天然ゴム・VRG JAPAN RUBBER EXPORT JSC 会長に聞く

今回の直撃インタビューは、天然ゴム生産国であるベトナムに目を向けてみましょう。お話しをお聞きするのは、加藤事務所も合弁会社として出資しているVRG JAPAN RUBBER EXPORT JSC社のボ・バン・タン(Vo Van Thanh)会長。新型コロナウィルスの影響や、最近の天然ゴムマーケット

続きを読む

今ゴム材料が足りない!と、シリコーンゴム端材買取サービス

今週は広島、兵庫にそれぞれ一泊で出張してきました。どこも人が多い。往復の飛行機もかなり満員。13日の伊丹空港から羽田行きは大型機が満席でした。 この2週間 いろいろな材料が不足しているとの声が多くなりました。10月に入り、自動車生産が急速に生産がもどってきて、ゴム材料の注文が殺到してきて

続きを読む

ゴム業界ビジネスマンの「あんちょこ」コラム 

天然ゴムの製造工程 今回は、現場でしかなかなかお目にかかれない天然ゴム「CV60/50」「RSS3」「TSR20」の製造工程をご説明させて頂きます。 ご説明に当たっては、ベトナムのVRG JAPANの工場での製造工程を追ってみました。 まずは、そのVRG JAPANのご紹介をさせ

続きを読む

ドバイ・ブチルチューブスクラップ会社訪問(近未来都市『ドバイ』出張記)

みなさま、こんにちは営業部の井上です。 今回、ブチル再生ゴムの原料であるタイヤチューブスクラップ品の仕入先訪問でアラブ首長国連邦のドバイを訪問して来ました。 弊社はドバイのタイヤチューブスクラップを扱っている会社から購入し、日本へ輸入しております。 今回の出張では購入先の中から3社を

続きを読む

日本ゴム工業会で資材関係の講演と日本ゴム協会エラストマー討論会で講演

12月10日には日本ゴム協会のエラストマー討論会で「中堅中小ゴム会社の実態」というテーマで発表講演しました。ゴム協会(ゴム学会)でこのようなテーマを取り上げるのはたぶん初めてでしょう。もっと中小ゴム会社の皆さんにもゴム協会に参加してもらいたい。という気持ちもあります。墨東ゴム工業会の堀田会長もゴム報

続きを読む

世界一大きな展示会、K2019 へいざ参戦!

みなさま初めまして!弊社ゴム情報サイト「ラバーステーション」のリニューアルに伴い、体験レポートを掲載させて頂く事になりました加藤事務所 営業課長 K です。勤続 10 年と業界人の皆様からみればまだまだ若輩者ですが、自分が直接「見て」「聞いて」「感じた」事を、レポートできたらと考えております。今後不

続きを読む

もはやゴム産業でも「SDGs」は見過ごせない!

昨今、ゴム産業にも「SDGs」の動きが広まってきました。国連が提唱する「環境への配慮」「労働環境整備」「貧困をなくす」「質の高い教育」「ジェンダー平等」「海洋資源を守る」「自然破壊をなくす」「持続可能な経済成長と生産的な完全雇用」「働き甲斐のある人間らしい生活」「マテリアルリサイクル」等、ゴム産業

続きを読む

ブラジルからオランダへ [海外]

ブラジルではPROQUITEC社でゴムと樹脂から作った添加剤ERGONを再生PP、PEに入れると樹脂にゴム弾性が付加でいるという新材料の打ち合わせ、樹脂コンテナーの写真のとおり弾性がでる。さらにサンパウロNo1のゴム練り会社ZANAFLEXの社長と3時間ぐらい、世界のゴムコンパウンドマーケットの話が

続きを読む

米国Hexpol-Preferred compoundingを回り、ブラジルへ

この一週間は世界1のゴム練り会社HEXPOLとそのHEXPOLが買収したPreferredCompoundingの各工場を回りました。HEXPOLはスウェーデンの会社ですが、売り上げは米国でのゴム工んパウンド事業が50%以上を占めます。当社加藤事務所は、このHEPOLとその傘下のPreferred

続きを読む