欧米のタイヤ工場が再開、ブタジエン安、JSR合成ゴム 構造改革、製品構成見直し

相変わらず新型コロナウイルスの影響が世界中にでています。日本のゴム、タイヤ産業は4月から悪化しており、自動車ゴム部品メーカーでは5月が最悪になりそうです。一方中国のゴム、タイヤ産業は再開しており、また欧州では4月末から5月からどんどん工場再開のニュースがでています。北米でもタイヤ工場稼働再開のスケジ

続きを読む

社内全員在宅勤務、   航空貨物が大変、日経新聞にコメント

当社は2週間前からほぼ全員在宅勤務、8名が家で仕事をしています。家からユーザーにコンタクト。商社ですから、毎日10件以上の注文がきていますが、自動的にそれを各自に転送し、そこで処理、また各自が会社のサーバーにリモートでアクセスして、社内処理しています。みんな大変ですが、なんとか処理できています。加藤

続きを読む

当社も在宅勤務体制に、Covid 19 コロナウイルスの影響

3月30日から加藤事務所も基本はほぼ全員在宅勤務体制に移行します。受信FAXをメールで社員に転送したり、リモートで自宅から会社のサーバーにアクセスできるようにしたり、各自に自宅用のPCを手配したり、いろいろとこの数日対応してきました。もっとも社長の加藤は毎日会社にでる予定です。問題なく業務が動いてい

続きを読む

Covid 19 コロナウイルスの影響

当社は世界中からゴム材料、ゴム機械を輸入していますが、今週は、世界中の材料、機械のサプライヤーからCOVID19(コロナウイルスのことですが、アジアでは、コロナウイルスと言っていますが、欧米ではCOVID19と表現しています)に関するレターが送られてきています。 多くの内容は、 当社は今はシ

続きを読む

コロナウイルスとゴム原材料

まだコロナウイルスの影響がゴム産業界にどう影響がでるか? 2月22日現在、まだコロナウイルスの被害の全容、拡大の規模等、先が見えないので、どこまで影響がでるか見通しませんが、いろいろ考えてみると、 中国からのゴム原材料の供給が止まるか?。湖北省でのゴム原材料メーカーはほとんどない、または代替

続きを読む

武漢市内に12KMまで近づいた。日本ゴム協会で講演、インド出張、日本経済新聞でコメント

2月2日に中国武漢市まで12KMのところに行ってきた。??インド出張で、ANA機でインドCHENNAIまで直行。飛行経路を見ると、なんと湖北省武漢市内の真上を飛行、高度12200Mぐらいなどで12KMまで近づいたことになります。空気感染はないというが、わざわざこの上を通らなくてもとも思う。帰りのデリ

続きを読む

新年、イラン関係、インドネシアエラストミックス訪問

本年もよろしくお願いいたします。1月7-9日で関東地区のゴム関係会社25社を新年ご挨拶で訪問しました。どこでも米国イラン関係の話で、原油高騰で、ゴム材料がどうなるかという話題でした。もしホルムズ海峡でタンカーが襲撃されれば、原油高騰で合成ゴムとカーボンブラックが¥20/kgぐらいはすぐに上がるであろ

続きを読む

日本ゴム工業会で資材関係の講演と日本ゴム協会エラストマー討論会で講演

12月10日には日本ゴム協会のエラストマー討論会で「中堅中小ゴム会社の実態」というテーマで発表講演しました。ゴム協会(ゴム学会)でこのようなテーマを取り上げるのはたぶん初めてでしょう。もっと中小ゴム会社の皆さんにもゴム協会に参加してもらいたい。という気持ちもあります。墨東ゴム工業会の堀田会長もゴム報

続きを読む

ベトナムRubberDinner2019参加

2019年12月6日にベトナムのナッチャンにてベトナムゴム協会主催のRubberDinnerに参加しました。当社はベトナムホーチミン市にベトナムVietnamRubberGroup(VRG、社員13万人)と合弁会社VRGJAPANを持っており、加藤はその現地社長もやっていますので、当然VRGがほぼ主

続きを読む

日本ゴム精練工業会台湾研修会に同行、機械メーカーをご紹介

11月23-25日に日本ゴム精練工業会(ゴム練り、ゴムコンパウンドの生産会社の業界団体)の台湾研修旅行を実施されました。加藤事務所の加藤、木崎がこの研修に同行し、24日に当社が代理店をしています、台湾台南市のニーダー、ロール、BOM、フィーダールーダーメーカーのニーダーマリナリー社とゴム成形機、射出

続きを読む